大河「天地人」-十八回「義の戦士たち」2009/05/10 03:18

またまた一週間遅れで天地人の感想です。
魚津城救援に行けない妻夫木兼続が、非常に理屈に合わない戦略の提案をしていましたが、その辺の感想は横において、三成登場シーンの絡みだけ書きます。

といっても今回も1カットだけの登場でしたね。
備中高松城攻めを笹野秀吉とやってました。
「水攻めを見事な軍略」とか言ってたようです。

この当時、三成が高松城攻めの陣中にいたのは、妙心寺「霊牌日監」の記述等から類推してもたぶん確かでしょう。

この備中高松城水攻めは、黒田官兵衛の立案としている本が多いですが、出典は「黒田家譜」あたりなのかな?
官兵衛は中国春秋故事に倣って、この城攻めを思いついた、とされてますが、ちょっと信じがたいですね。

献策したのは三成とは言わないまでも、近江衆だと思うなあ。
この辺、あまり良く調べてないので適当に書いてますが、近江には水攻めの先例がありますからね。
その筋の人には有名ですが、六角義賢が近江肥田城攻めの時、水攻めをしています。
高松城攻めの20年くらい前になりますが、秀吉配下の古参の近江武将は当然覚えていたでしょう。

備中高松城攻めでは近江衆の活躍はあまり伝えられてないですが、まだ新参で高禄の人が少なかったからだけで、実務では相当活躍してたんじゃないかなあ。

ちなみに近江肥田城は、彦根市域にあって、佐和山城から南東に10kmくらいのところです。
またこの六角の水攻めは、「大雨で堤が切れて失敗した」というどこかで聞いたようなオチがついています。