頂いた情報-越前大野の三成墓・関ヶ原史料など-2015/01/12 09:02

最近、三成伝説やブログの読者からいただいた情報を紹介します。

一つは最近(といっても半年前ですが)、東京の方からいただいた情報です。
越前大野に石田三成の墓があるというものです。
写真にある地元紙に、その記事を書かれたそうです。

全国に三成の墓と伝わるものはいくつかあります。遺骨が三玄院に葬られたのは史実でしょうが、それと全国各地に三成の墓があるという事実は矛盾しません。
当時の考えで言えば、三成縁のものがそこに埋められていれば、そこを墓として供養することは問題ないので。我々の感覚でいえば供養塔という感じのものでしょうね。

越前大野にもそういう三成の「墓」があるというのは知りませんでした。
墓があると言われているのは、越前大野の鹿谷町矢戸口と書かれています。
興味深いのは、ここは東本願寺・教如上人ゆかりの地であるということです。

三成は教如の弟・准如を支持しており、教如とは関係が悪く、関ヶ原の戦いの時には教如は三成方の襲撃を受けるという法難にあった、というのが一般に伝えられているところです。
しかし私はその説には以前から疑問をもっていました。法難の伝承が非常に嘘くさく、後世に作られた匂いがするんですね。

教如ゆかりの地に、三成の墓(供養塔)があるというのは何を意味しているのか、いずれ現地を訪れて考えたいと思います。


また、このブログにもコメントいただいた又三郎さんから、関ヶ原の戦い/三成家臣団に関わる史料を紹介いただきました。
私には初見のものです。地道に一次史料を検討されている姿勢に頭が下がります。

関ヶ原の戦いについては、多くの人が議論されているので、私はもう書くことは何も無いか、と思っていましたが、最近の関ヶ原合戦論に触発され、やはり関ヶ原合戦の実相と自分が思うことを、まとめなおす必要があるか、と思っています。
紹介いただいた史料も含め、検討させていただきたいと思います。

ありがとうございました。