大関ヶ原展に行ってきました2015/05/04 22:20

遅まきながら、「大関ヶ原展」(江戸東京博物館)に行ってきました。

混んでいるという話は聞いていましたが、「関ヶ原」であろうと何であろうと、歴史関係のイベントの混み方なんて、たかが知れたものだろうと思っていたら・・・甘かったですね。

チケット買うだけで1時間待ちでした。
招待券いただけるような身分では勿論ないので、チケットは、せめてネットで事前購入しておくべきでした。

さらにそこから入場制限で1時間半待ち。会場着いてから、2時間以上かけてやっと中に入ることが出来ました。
凄い人気ですね。

行列並んでいる方は、比較的、高年齢層の方が多いかな。
若い方もいますけど、ゲーム系っぽいですね。
GWなのでお子さん連れも多いですが、親子どちらの好みでしょうね。

展示品は流石に気合入ってます。
一見の価値ありものも多数です。
これだけのものが一度に見れる機会は貴重です。

展示品ですが、入り口近くに、関ヶ原合戦屏風の中で津軽家伝来の所謂「津軽屏風」があります。
実物は以前も見てますが、これだけ間近でじっくり見たのは初めてかな。この津軽屏風は、家康が絵師に書かせたもので、関ヶ原合戦屏風類では成立年代が最も古く、重要文化財になっています。
ただ多くの方が指摘されてるように、この津軽屏風における各武将の陣配置には不自然なところがあり、三成陣所の旗印は無地の白旗になっています。
この辺の陣所は、屏風に貼られた付箋で定義づけされているのですが、この付箋、実はかなり後世に貼られたものではないか、という気がしますが、いかがでしょうか。詳しい方、教えてください。

会場は中も大混雑でしたね。
書状類で面白いのもありましたが(そのうち機会があれば書きますが)、一般に人だかりが多いのは、兜や刀剣類ですね。

中でも一番人気は、三成ゆかりの石田(切込)正宗かな?(身びいき?)
石田正宗とは久々の対面でしたが、やはり刀の棟に傷があるのが、皆さんに臨場感を感じさせるみたいですね。

プロジェクションマッピングもありましたが、これはちょっと安っぽい。
もう少し違うやり方あったと思いますね。

しかし、凄い人だったなあ。
「大関ヶ原展」、この後、京都や福岡でも開催されるそうですが、そちらはさすがに東京ほどは混まないんじゃないか、と思いますが。