【大河・真田丸】ドラマ中のエピソードのことなど2016/04/24 11:02

大河ドラマ「真田丸」は毎回見ています。
三谷幸喜脚本、三成役の山本耕史に期待があります。

今回の大河は、結構史実を踏まえたエピソードを入れてますね。
初期の上田城が家康の援助で作られた、というのはそんなに知られた史実でも無いように思いますが、ドラマに入れてますね。

上杉景勝上洛に際して、加賀まで三成が迎えに出向いたのも史実。
史実通りなら、両家の交渉を担っていた兼続と三成は、もう少し親しみを見せて良いはずですが、その辺の絡みはドラマには出てこないですね。

景勝上洛から秀吉謁見まで日が開いたのも史実をなぞっています。
ただ別に待たされた分けではなく、日々接待の予定が入ってましたね。


さてドラマでは、景勝のところに人質にいった、真田信繁が堺雅人が景勝と一緒に上洛してきます。
この辺もドラマの設定ではありますが、通説通りなら、信繁が景勝のところに行ったのは、上洛の一年前の天正十三年中頃の筈ですから、時期的には全くあり得ない設定ではなく、一緒に上洛して来たりしたら面白いですね。

小日向秀吉が、「上洛して来ない真田昌幸は怪しからん。懲らしめてやる。上杉は真田を助けるな。」と言っていましたが、これも三成から景勝宛て書状に実際にある話がベースです。(時系列は合ってはいませんが。)
有名な「真田の事、表裏比興の者に候の間、成敗を加えらるべき」という手紙ですね。
秀吉の本心なのか、はったりなのかは研究者間でも見解が分かれていますが、史実どおりなら、これを執り成すのは景勝なのですが、ドラマでは堺雅人の役柄になるのかな?

これまでのところ、山本耕史三成の活躍はイマイチな気がしますが、また三成の逸話が出てきたら、突っ込みを入れさせていただきます。



追伸ですが、
ちょっと頂けなかったのは、ドラマ本編ではありませんが、ドラマ後のおまけの「真田紀行」の中で、
「石田家は浅井の家臣で・・・」というナレーションがあったこと。
石田家が浅井の家臣であったという史料はありません。
浅井の前の京極氏の家臣には、石田姓のものがおり、たぶん三成の一族と関係はあるだろうと思えますが、浅井家中にはいません。
石田一族が、戦いの折に浅井氏に参陣を求められた可能性は否定できませんが、織田の進駐に伴い、早々に浅井を見限って秀吉についたのは確かなことで、いずれにせよ主従関係というものは浅井との間になかったと考えられます。

この辺、未だに曲解している人が多いので、一言書き添えます。