【大河・真田丸】沼田問題2016/06/10 22:38

大河・真田丸22回「裁定」では沼田問題が取り上げられていました。

これは豊臣政権の性格を問う上でも、非常に興味深い事案ですが、ドラマにするのは難しいだろうなあ、と思っていたら、三谷脚本では裁判仕立てになっていましたね。

うーん、いろいろ考えるなあ。

ちなみにドラマのように三成が当初反戦派だったというのは同意ですが、北条の裁定違反後は主戦派に転じますので、この辺はちょっとドラマとは違います。

来週は北条攻めですね。予告編みると「忍城攻め」も少し取り上げられるみたいですね。
忍城攻めは真田昌幸と石田三成が共闘した数少ない戦いの一つなので、どう描かれるか期待はしていますが・・・どうなるかなあ・・・


ちなみに余談ですが、信幸元夫人「こう」を演じている長野里美さんは母校(高校)の同級生です。同級生から有名人が出たんだなあ、という感じですね。
http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/special/interview/interview30.html
すぐ死ぬ役かな、と思っていましたが、なかなか味わいある役で長く登場しそうなのでこちらも期待しています。

さらに・・・
小日向秀吉は中々良いと思っていますが、いま秀吉を演じてほしいと思っている役者は生瀬勝久です。あの人は怖さと陽気さを上手く演じそうですね。三谷脚本なのであるいは、と思っていましたが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mitsunari.asablo.jp/blog/2016/06/10/8108786/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。