頂いた情報-越前大野の三成墓・関ヶ原史料など-2015/01/12 09:02

最近、三成伝説やブログの読者からいただいた情報を紹介します。

一つは最近(といっても半年前ですが)、東京の方からいただいた情報です。
越前大野に石田三成の墓があるというものです。
写真にある地元紙に、その記事を書かれたそうです。

全国に三成の墓と伝わるものはいくつかあります。遺骨が三玄院に葬られたのは史実でしょうが、それと全国各地に三成の墓があるという事実は矛盾しません。
当時の考えで言えば、三成縁のものがそこに埋められていれば、そこを墓として供養することは問題ないので。我々の感覚でいえば供養塔という感じのものでしょうね。

越前大野にもそういう三成の「墓」があるというのは知りませんでした。
墓があると言われているのは、越前大野の鹿谷町矢戸口と書かれています。
興味深いのは、ここは東本願寺・教如上人ゆかりの地であるということです。

三成は教如の弟・准如を支持しており、教如とは関係が悪く、関ヶ原の戦いの時には教如は三成方の襲撃を受けるという法難にあった、というのが一般に伝えられているところです。
しかし私はその説には以前から疑問をもっていました。法難の伝承が非常に嘘くさく、後世に作られた匂いがするんですね。

教如ゆかりの地に、三成の墓(供養塔)があるというのは何を意味しているのか、いずれ現地を訪れて考えたいと思います。


また、このブログにもコメントいただいた又三郎さんから、関ヶ原の戦い/三成家臣団に関わる史料を紹介いただきました。
私には初見のものです。地道に一次史料を検討されている姿勢に頭が下がります。

関ヶ原の戦いについては、多くの人が議論されているので、私はもう書くことは何も無いか、と思っていましたが、最近の関ヶ原合戦論に触発され、やはり関ヶ原合戦の実相と自分が思うことを、まとめなおす必要があるか、と思っています。
紹介いただいた史料も含め、検討させていただきたいと思います。

ありがとうございました。

『三成伝説』というタイトル-Making of MITSUNARI LEGEND (1)-2010/01/09 18:14


 「三成伝説」というタイトルには、異論があった。


 伝説、という言葉には、なんか、信憑性がない、怪しい、いかがわしい、という負のイメージがつきまとう。

 このタイトルは元々、「インパクトのあるタイトルを!」という出版社側の提案によるものという認識でいいたが、後で出版社担当のY氏に聞いたところ、Y氏も反対だったということなので、どうも出版社専務一人の発案・推薦だったようである。
 なにか「三成伝説」に変わるタイトルを、と会員間でも話し、中には好いタイトルの提案もあったのだが、なかなか「伝説」を越えるインパクトのあるタイトルは出なかった、というのが実情だ。

(ちなみに元々の私の案は、「石田三成史跡ハンドブック」であった。これは確かにインパクトがない。)

 元々、サンライズ社の専務に本のポリシーを話しに行った時、こういうことを話していた。

「三成に関する史跡の中では、由来がはっきりせず、史実として三成に繋がるのか怪しいものもある。
 だが、そういう史跡でも、そこに「三成」という言葉が出てくる以上、そこから三成に思いを馳せた人たちが過去に存在していたはずである。
 例えば秋田に「三成の墓」と伝えられるものがある。これが三成本人のものでないことは確かだが、そういう伝承がある以上、そこで三成を偲んだ人たちがいたのではないか。そういう史跡もとりあげて紹介したい。」

 そういう主旨からいえば、「伝説」というタイトルは似つかわしいと言えなくもない。
 また皆で「伝説」というタイトルを仮題として使っていったところ、何となくそのタイトルが馴染んできてしまったという事情もある。

 そうして「三成伝説」というタイトルが決定されたわけだ。

 今はこう思っている。

『三成には負の伝説がある。
 江戸期の長い迫害と中傷の中で作られた虚構の「伝説」だ。
 その伝説の嘘を暴きたい。
 また三成には隠された正の伝説がある。
 これも江戸期に、三成を慕う人の中で表に出せず、秘かに語り継がれた伝説だ。
 そういう伝説を掘り起こしたい。

 この本の「伝説」というタイトルにはそういう二つの思いが篭められている。』

この意見が単なる後付けの説明かどうかは、読んだ方に判断してほしい。




本が出ました!2009/09/17 00:03

「三成伝説」、昨日より一般書店で発売中だそうです。

興味お有りな人は是非どうぞ!

・・・ただ私が書いたところは、あまり新しいことありませんけど。
忍城水攻めの話も、文禄の役の話もそれこそ10年前から、アチコチに書いているので。

もう少しじっくり書きたかったなあ、という思いと、この本業多忙な中でよく本をまとめられたなあ、という気持ちがありますが。

新聞にも取り上げられているようです。
(び)さん、プレス発表お疲れ様でした。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009091500036&genre=M1&area=S00