【大河・真田丸】忍城攻め2016/06/18 10:37

第23回「攻略」では忍城攻めが取り上げられていました。

期待はしていたのですが・・・
さて、何から書くべきか・・・

山本耕史三成が、
「忍城は水攻めを(秀吉)殿下がお望みなのだ。」
と言ってたのは、評価できるかな。

「のぼうの城」初め、忍城攻めを扱ったドラマ・映画・小説のほぼ全てが、「水攻めは三成の発案」としていますが、当時の書状を読む限り、水攻めは秀吉の強い意志によるものだ、というのは二十年来、私が主張しているところです。

しかし・・・

真田昌幸が攻めあぐねた忍城に、三成が乗り込んでくる、という図式はいただけませんね。
三成が忍城攻めに参加するのは、六月五日ごろ、昌幸が合流してくるのは少なくとも六月二十日以降。
この辺は秀吉の書状が残っているから確かなことで、後から援軍としてきたのは昌幸の方ですね。

まあ昌幸は四月に箕輪城を攻めた後の動静がはっきりしないところがありますから、ひょっとして先発隊と一緒に一度忍城攻めてた、という可能性を100%否定はできないかも知れませんが、三成より先に忍城攻めてたのは浅野長吉ですから、そういう設定も苦しいですね。

まあ、他にも書きたいこと色々ありますが、この辺にしておきます。

しかし、山本耕史三成、相変わらず、性格のきつさが抜けませんね。
三谷幸喜氏は山本三成は、「関ケ原の頃に、助命嘆願ファンレターが来るようなキャラにする」と言われたそうですが、果たしてそんな人気になるのだろうか?

【大河・真田丸】尾藤氏のことなど2016/05/28 18:28

大河ドラマ「真田丸」第20回「前兆」では、山本耕史三成が、中々良いキャラになっていましたね。
今までは切れ者だけど嫌な奴、的な雰囲気も出てましたが、今回では秀吉に命懸けで諫言するところは良かったですね。

「諫に付いては、吾気色を取らず。」
という三成評どおりの役どころでした。

鈴木京香お寧(北政所)が、秀吉と三成の仲裁に入るシーンも中々ポイント高い。
これまでのドラマでは「三成=淀殿派=反北政所派」との通説イメージから、北政所と三成が良好な関係に描かれることは少なかったですね。

三成と北政所は近い関係にあったというのは、故・白川亨氏が盛んに主張されていたことで、根拠もある説なのですが、中々これまでの歴史ドラマの中でそういう取り上げられ方はされていません。が、「真田丸」ではその辺も新たな展開があるかもしれませんね。

三谷脚本の今後に期待します。

さて今回は秀吉の落書事件が取り上げられており、落首事件の犯人とされる「尾藤道休」という人物が登場していました。

道休の素性は私はよく知りませんが、同じく落首事件に関わったとされる人物「尾藤知宣」の同族と言われる方がいますね。

ご存知の方多いと思いますが、尾藤知宣は、三成夫人の父・宇多頼忠の兄で、三成の伯父に当たります。
秀吉初期家臣団の中心人物の一人ですが、九州攻めの失態により秀吉に追放されています。
落首事件の嫌疑は逃れたものの、その後、北条攻めの後に秀吉に処刑される悲劇的な人物です。

知宣の子は、その後、連座を避けるため、三成の父・正継の猶子となり宇多頼次を名乗って、真田昌幸の娘を妻に迎えます。
三成は姻戚である尾藤一族の保護に力を尽くした分けですが、尾藤氏・真田氏・石田氏の繋がりには、まだまだ知らていない史実が隠されているように思えます。

【大河・真田丸】ドラマ中のエピソードのことなど2016/04/24 11:02

大河ドラマ「真田丸」は毎回見ています。
三谷幸喜脚本、三成役の山本耕史に期待があります。

今回の大河は、結構史実を踏まえたエピソードを入れてますね。
初期の上田城が家康の援助で作られた、というのはそんなに知られた史実でも無いように思いますが、ドラマに入れてますね。

上杉景勝上洛に際して、加賀まで三成が迎えに出向いたのも史実。
史実通りなら、両家の交渉を担っていた兼続と三成は、もう少し親しみを見せて良いはずですが、その辺の絡みはドラマには出てこないですね。

景勝上洛から秀吉謁見まで日が開いたのも史実をなぞっています。
ただ別に待たされた分けではなく、日々接待の予定が入ってましたね。


さてドラマでは、景勝のところに人質にいった、真田信繁が堺雅人が景勝と一緒に上洛してきます。
この辺もドラマの設定ではありますが、通説通りなら、信繁が景勝のところに行ったのは、上洛の一年前の天正十三年中頃の筈ですから、時期的には全くあり得ない設定ではなく、一緒に上洛して来たりしたら面白いですね。

小日向秀吉が、「上洛して来ない真田昌幸は怪しからん。懲らしめてやる。上杉は真田を助けるな。」と言っていましたが、これも三成から景勝宛て書状に実際にある話がベースです。(時系列は合ってはいませんが。)
有名な「真田の事、表裏比興の者に候の間、成敗を加えらるべき」という手紙ですね。
秀吉の本心なのか、はったりなのかは研究者間でも見解が分かれていますが、史実どおりなら、これを執り成すのは景勝なのですが、ドラマでは堺雅人の役柄になるのかな?

これまでのところ、山本耕史三成の活躍はイマイチな気がしますが、また三成の逸話が出てきたら、突っ込みを入れさせていただきます。



追伸ですが、
ちょっと頂けなかったのは、ドラマ本編ではありませんが、ドラマ後のおまけの「真田紀行」の中で、
「石田家は浅井の家臣で・・・」というナレーションがあったこと。
石田家が浅井の家臣であったという史料はありません。
浅井の前の京極氏の家臣には、石田姓のものがおり、たぶん三成の一族と関係はあるだろうと思えますが、浅井家中にはいません。
石田一族が、戦いの折に浅井氏に参陣を求められた可能性は否定できませんが、織田の進駐に伴い、早々に浅井を見限って秀吉についたのは確かなことで、いずれにせよ主従関係というものは浅井との間になかったと考えられます。

この辺、未だに曲解している人が多いので、一言書き添えます。