【大河・真田丸】忍城攻め2016/06/18 10:37

第23回「攻略」では忍城攻めが取り上げられていました。

期待はしていたのですが・・・
さて、何から書くべきか・・・

山本耕史三成が、
「忍城は水攻めを(秀吉)殿下がお望みなのだ。」
と言ってたのは、評価できるかな。

「のぼうの城」初め、忍城攻めを扱ったドラマ・映画・小説のほぼ全てが、「水攻めは三成の発案」としていますが、当時の書状を読む限り、水攻めは秀吉の強い意志によるものだ、というのは二十年来、私が主張しているところです。

しかし・・・

真田昌幸が攻めあぐねた忍城に、三成が乗り込んでくる、という図式はいただけませんね。
三成が忍城攻めに参加するのは、六月五日ごろ、昌幸が合流してくるのは少なくとも六月二十日以降。
この辺は秀吉の書状が残っているから確かなことで、後から援軍としてきたのは昌幸の方ですね。

まあ昌幸は四月に箕輪城を攻めた後の動静がはっきりしないところがありますから、ひょっとして先発隊と一緒に一度忍城攻めてた、という可能性を100%否定はできないかも知れませんが、三成より先に忍城攻めてたのは浅野長吉ですから、そういう設定も苦しいですね。

まあ、他にも書きたいこと色々ありますが、この辺にしておきます。

しかし、山本耕史三成、相変わらず、性格のきつさが抜けませんね。
三谷幸喜氏は山本三成は、「関ケ原の頃に、助命嘆願ファンレターが来るようなキャラにする」と言われたそうですが、果たしてそんな人気になるのだろうか?

【大河・真田丸】沼田問題2016/06/10 22:38

大河・真田丸22回「裁定」では沼田問題が取り上げられていました。

これは豊臣政権の性格を問う上でも、非常に興味深い事案ですが、ドラマにするのは難しいだろうなあ、と思っていたら、三谷脚本では裁判仕立てになっていましたね。

うーん、いろいろ考えるなあ。

ちなみにドラマのように三成が当初反戦派だったというのは同意ですが、北条の裁定違反後は主戦派に転じますので、この辺はちょっとドラマとは違います。

来週は北条攻めですね。予告編みると「忍城攻め」も少し取り上げられるみたいですね。
忍城攻めは真田昌幸と石田三成が共闘した数少ない戦いの一つなので、どう描かれるか期待はしていますが・・・どうなるかなあ・・・


ちなみに余談ですが、信幸元夫人「こう」を演じている長野里美さんは母校(高校)の同級生です。同級生から有名人が出たんだなあ、という感じですね。
http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/special/interview/interview30.html
すぐ死ぬ役かな、と思っていましたが、なかなか味わいある役で長く登場しそうなのでこちらも期待しています。

さらに・・・
小日向秀吉は中々良いと思っていますが、いま秀吉を演じてほしいと思っている役者は生瀬勝久です。あの人は怖さと陽気さを上手く演じそうですね。三谷脚本なのであるいは、と思っていましたが。

歴史街道七月号2016/06/05 22:28

歴史街道7月号特集「石田三成と大谷吉継」に、三成・吉継の堺奉行時代、博多復興に関わる記事を4ページほど寄稿しています。

http://www.php.co.jp/magazine/rekishikaido/

宜しければご笑覧ください。